発達障害しゃ流・貯金のすヽめ


こんにちは。

発達障害者と揶揄されつつ、先日の検査結果で発達障害が見当たらなかった皿坂です。


発達障害は、0・100で割り切れるものじゃなくて、グレーな問題だからね。グラデーションの部分で自分も混じってるかもしれません。


そんな私ですが、普通に貯金のできるような人間になりたいと思うんですよね。


いままで貯金を上手くできた試しがありません。借金をしたことが無いというのも自慢の1つですが、資産をPLUSにもMINUSにもしたことのない平凡な存在。それが私でした。


発達障害者というのは「お金」という概念を上手く理解できないらしく、財布の紐がいつも緩みっぱなしだったりするらしいです。


そして、足りなくなれば、他者や自治体に金をせびってもらいなんとかやりくりをしている……という、現実的な価値観を有してる方からすると信じられなさそうな、呆れた金銭感覚を保有しています。


私もその1人なんですね。ろくでなしです。

このまま行くと、今は借金を背負ってなくてもいずれ背負う人間になること間違いなし。両親と死別すれば、一気に金銭的に成り行かなくなること間違いなしです。

その事態に気付きながらも、どうしても、いまいち自分の感覚にピンとこず、危機感も沸いてない私が、『お金を貯めたい💰』という目標を持ちました。


さて、この目標。

到底、普通の人と同じやり方では、達成することは出来ないのです。

発達障害の人間というのは、普通のやり方では上手くいかないのが世の常です。むしろ、"普通では無いやり方"を採用して、普通になろうとしなければ、普通にすらなれません。


そういうわけで

独自の認識と見解を上手く組み立てて、

他の人間が持ってる正しい金銭感覚を、擬似的に理解して身につけようと思います。


貯金を頑張り、大切な人とずっと傍にいられるように、お金を貯めたいと思います。



【べつに自分の金じゃなくてもいい】

消費者金融の借金は怖いからしない】

【衝動買い(外食、コンビニ食)の多さ】

【本当の貧困を知らないのは、どんなに金が無くなっても、助けてくれる人の存在が常にあったから】

【来年にいくら程貯金していたら、どんなメリットがあるか/貯金額が足りなかったら、どんなデメリットがあるかを、実感出来るほどに把握していない】



http://onew-web.net/4194.html

こういった対策手段もある。

まぁ、先にATMから引き出しておいて、封筒に入れて、その日のお金を決めて使うって手段。


私は、貯金したくて、ATM引き出す額を最小限にして、で、結局、我慢できてなかったり、足りなくなったりして、すぐ引き出してしまうという。


だから、あんま意味ないなーと思ってしまう。

ATMで引き出す額をもうちょっと多めにして、代わりに、今週は外食で何を我慢するとか決めたらいいんだろうけどね。

まぁ、お金ってあったらあるだけ使ってしまうから、サイフにそもそも入れておきたくないんだけど。欲しいけど物がない時、すぐにATMに行けてしまう行動力も考えものです。


本当に頭が良ければ、問題を解決するための案が浮かんできて、実行して、上手くいかせたりする。上手くいかなかったら、また次の方法を根気よくやってみたりするよな。